ルツェルン音楽祭②🎵

ルツェルン音楽祭は毎年スイス中央部にある都市、ルツェルンにて開催される音楽祭です。①の続きを記します。

5.ルツェルン祝祭管弦楽団とは?
ルツェルン祝祭管弦楽団ルツェルンしゅくさいかんげんがくだん、英語:Lucerne Festival Orchestra)は、スイスのルツェルンで開かれる「ルツェルン音楽祭・夏の音楽祭」において臨時編成されるオーケストラです。
ja.wikipedia.org演奏前のワクワクタイム。いやぁ、立派なオルガンです。
f:id:moyo98850104:20210618223413j:plain

 

 6.演奏はどうだった?

ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』(Till Eulenspiegels lustige Streiche)作品28を鑑賞しました。リヒャルト・シュトラウス1895年に作曲した交響詩です。

ティルオイレンシュピーゲルさん(赤いほう)です。愉快ないたずらをして最後死刑になったとされています。
f:id:moyo98850104:20210618224205j:plain

演奏を聴いて恥ずかしながら一人号泣です。周りの人はなんだ、この人?と思ったことでしょう^^;
音楽はノンバーバルなものですがその曲の思い出が一気に蘇ります。
なぜ今回の旅を企画したかというと音楽祭で思い入れのある曲(ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら)を聞くことが出来るからでした。高3全国大会の曲のため強烈な思い出が次々脳裏をよぎり涙が止まらなくなりました。中でもフルートの音を聞くと今は亡きフルートの親友が一緒に聞いているような気がし、アンコールもサロメ吹奏楽団にいたころを思いだし、また涙。年を取ると涙腺が緩くなってホントに困ったもんです。


その他、細かい話ですがチューニングで管楽器奏者はここぞとばかりにA以外の音を吹きまくっており驚きました。自由だなぁ。そしてコンマスが途中交代でまたびっくり。お二人ともイスから立ち上がるくらい渾身の演奏でしたし、後半の方は表情が飄々としていてティルにピッタリでした。

 

◆その他ルツェルンに来て分かったこと
 ・地球温暖化 
   39年間ルツェルンに住んでいる方の話によるとピラトゥス山は昔スキー場だったが雪が少なくなりスキー場はなくなったそうです。

f:id:moyo98850104:20210619085349j:plain

しかし、それでは外貨が入らないので観光客誘致のため登山観光のインフラは充実しています。


 ・この地における観光客の日本人
   欧米の人から見たとき、日本人より中国人に間違われることが多いようです。また、観光案内の言語も今は中国語や韓国語のほうが日本語より多いです。需要に合わせた供給なので仕方ないですが数年前までは日本人が一番多かったため、またこの地に来る人が増えてほしいと感じました。


 ・観光客のうれしいこと
街並み・景観はとても大切だなぁと感じました。ルツェルンはどこを見ても手抜きがない街並みです。

f:id:moyo98850104:20210619090540j:plain

建物の壁に美しい模様が施されています

また湖と山がすぐそばにあるのも大きな魅力ですね!

f:id:moyo98850104:20210619085606j:plain

f:id:moyo98850104:20210619090654j:plain



 ・音楽祭に来ているアジア人
観光客は中国・韓国・インドが多いですが音楽祭に来ているアジア人はほとんどが日本人でした。まだこの分野にはいらしてない様子。
f:id:moyo98850104:20210618224326j:plain

エーデルワイスの花が街中に咲いてました。
以上とりとめのないルツェルンレポートでした。

 

 

 

ルツェルン音楽祭①🎵

ルツェルン音楽祭は毎年スイス中央部にある都市、ルツェルンにて開催される音楽祭です。
今回は2017年夏に訪れた感想をお届けします。

1.なぜルツェルン?
2.ワーグナーゆかりの地
3.街全体で盛り上げて
4.いよいよコンサート会場
5.ルツェルン祝祭管弦楽団とは?
6.演奏はどうだった?

1.なぜルツェルン?
中央スイス地方にあってワーグナーラフマニノフが暮らしたルツェルン市は、1910年代から小さな音楽祭をおこなっていたが、ザルツブルクでの音楽祭が隆盛を極めることで衰退し、1920年頃には行われなくなってしまった。ルツェルン市は、1933年に完成したコングレス・ハウスとそれに併設された音楽ホールを活用して、この風光明媚なルツェルンでの音楽祭開催を目指し、以前から接触をしていたアドルフ・ブッシュに相談をしていた。

この音楽祭が実現に至るのは、皮肉にも1938年4月に行われたナチスによるオーストリア併合がきっかけであった。ナチスのこの暴挙によってザルツブルク音楽祭を閉め出された音楽家たちを集めて音楽祭を開催すべく、ブッシュにルツェルン市がもちかけ、ブッシュの要請に応えたトスカニーニをはじめとする音楽家たちによって1938年に第1回の国際音楽祭が開催された。
ja.wikipedia.org

2.ワーグナーゆかりの地
f:id:moyo98850104:20210618221838j:plain
湖に突き出たトリブシェンの岬にはワーグナーが長く住んだ館がある。

f:id:moyo98850104:20210618221602j:plain
ワーグナーミュージアム。冬は閉館だそうです

現在では1階がワーグナー博物館、2階が楽器博物館となっている。f:id:moyo98850104:20210618221703j:plain
ここではかつて『ジークフリート牧歌』がコジマの誕生日のプレゼントとして作曲され、その初演が行われた邸である。
f:id:moyo98850104:20210618221748j:plain
故に、音楽祭の最初のガラ・コンサートの会場に、このトリブシェンの旧ワーグナー邸の前の広場が選ばれた。(ウィキペディアより)

3.街全体で盛り上げて
ルツェルン・フェスティバル(イースター)“OSTERN” は主に宗教音楽と交響曲が中心の音楽際で、毎年イースター(復活祭)の時期に行われる。ルツェルン・フェスティバル(夏)“SOMMER” はメインの音楽祭で、毎年特定の作曲家や演奏家、テーマにスポットをあてて企画される。(ウィキペディアより)
私が訪れたのは8月(メインフェスティバル)ということもあり、町中の音楽祭の旗がかかげられ、盛り上がりを見せていました。

f:id:moyo98850104:20210618222343j:plain
ちょっとわかりずらいかなぁ。緑の旗です。

4.いよいよコンサート会場
ルツェルン・カルチャー・コングレスセンター(KKL)内のコンサートホールは、世界トップクラスのオーケストラ、指揮者、演奏家たちが集まるルツェルン・フェスティバル(ルツェルン音楽祭)のメイン会場です。

f:id:moyo98850104:20210618222803j:plain
ルツェルン・カルチャー・コングレスセンター正面

f:id:moyo98850104:20210618222951j:plain>

f:id:moyo98850104:20210618223148j:plain
2017.8.12多くの人でにぎわっていました。演奏会の休憩時間は皆さん外にでたり、ワインを飲んだりしてくつろいでます

未来を心配しすぎてない?

資源が枯渇するとか世紀末などと言われはじめてどのくらい経つでしょうか。f:id:moyo98850104:20210615081804j:image

人は次の時代にさまざまなことを引き継ぎ続けより良い暮らしが成り立っています。

でも未来を恐れ心配しすぎてもどうしようもないことも事実です。例えば石油は昔数十年で無くなると言われており、それではこれから産まれてくる子供たちが可哀想!と心配してましたが実際には採掘年数は伸びており他のエネルギーも開発されて余計な心配だったわけです。

 

だから未来を過剰に心配し過ぎずむしろ希望を持って生きて行くことが大切です。

 

私が衝撃を受けた漫画に寄生獣という作品があります。これは人間に宇宙からやってきた生物が寄生し、人を食べるという怖いお話です。

ja.wikipedia.org

 

 

 

「この種を食い殺せ」という指令を受けた寄生生物が増えていく様子はなんとも奇妙。

政治家「広川」の人間でありながら人間1種の繁栄よりも生物全体を考える!という発言になるほどと思いました。広川は人間を超えた生物全体の繁栄こそが大切と思っていたわけですね。

 

寄生といえば「パラサイト 半地下の家族」こちらの映画も強烈でした。

こちらは裕福な家族に貧しい家族が寄生しています。こう表現すると少しヘンですがお互いの利害関係が一致していれば問題ないよくあることかもしれません。

 

 話はそれましたが地球の資源がなくなることや人口が増え続けることを心配しすぎても仕方がないということです。適度に心配して省エネの生活をするのは素晴らしいことですが過剰に心配しすぎて大切なものを失わないようにしたいですね。

 

 

新玉ねぎのスープ (ウエルネスキッチン)

たまねぎ1つでこんな美味しいスープが作れるとは!

と感動したレシピです!関口先生、ありがとうございます。

材料もシンプルでバターの良い香りがして美味しかったです。

血液サラサラ成分は水にさらさずに炒めるとよく、

炒めることで辛みが甘味に変化です!

ピューレ状にするのはうちはミキサーで行いました。

キラキラして見た目も美しい!

www.youtube.com

材料2人分: 新玉ねぎ大1個、バター20g、鶏ガラスープの素小さじ1、塩適宜、水400cc

作り方:

1、玉ねぎは薄切りする。

2、鍋にバターを溶かし中火で玉ねぎを7〜8分炒める。   

  半分以下の量になったら水とスープの素を入れ10分弱火でくったりするまで煮る。

3、ブレンダーでピューレ状にし、塩で味を整える

 

 

50代向け資産形成(井上ヨウスケ氏)

こちらの動画からは気づきをたくさん得られました。50代になると老後資金は真面目に考えなければならない。(40代までは自己投資・稼ぐ力アップを重視で良いと思います)

私が特に役に立った点は「25:59マクロ経済スライドを加味して年金資産」「11:40年金にかかる税金」です。

今後も何度か見て復習したいと思います。

 

 

www.youtube.com

【目次】

0:00 イントロ

1:09 まずは動画のポイントを先に確認しておきましょう

3:19 そもそも自分には投資が絶対に必要なのか?

6:43 ねんきん定期便を使って年金見込額を確認しましょう

9:38 年金は一人一人が受給する 配偶者の年金額も確認しておきましょう

10:27 年金支給額に対して手取額はどれくらいか確認しましょう  

11:40 年金にかかる所得税はどれくらい?

14:31 年金にかかる住民税はどれくらい?

16:45 65歳以降の健康保険料はどれくらい?

18:11 65歳以降の介護保険料はどれくらい?

19:31 年金の手取額を計算してみよう

21:06 年金は将来的に減ることが既定路線 マクロ経済スライドとは?

25:59 マクロ経済スライドを加味して年金額を試算しよう

27:57 希望する生活費と年金受給額のギャップは?

30:48 必要な資金のうち、どれくらいを準備できている?

31:56 老後資金対策その1 長く働く(年金を繰り下げる)

32:48 繰上受給と繰下受給の仕組み

35:15 5年繰り下げるとどれくらい変わる?

38:36 繰下受給の損益分岐点は何歳?

39:36 繰下受給のメリットデメリットまとめ

41:17 繰下受給すると加給年金がもらえない?その対処法とは?

42:51 遺族年金と繰下受給の関係 遺族年金がもらえない可能性がある?

45:51 老後資金対策その2 生活費を下げる

47:04 支出の見直しは通信費と生命保険の見直しが大きい

48:42 生命保険は「何を残すか?」を基準に考えましょう

50:41 50代以降は増やす投資ではなく、資産寿命を延ばす投資

52:12 インデックス投資をするなら、20年という期間を確保しよう

56:50 どんな商品が良いか?必要なリターンから考える手法

58:45 取り崩し運用するときは便利なサービスがある

59:55 まとまった資金があるときの投資の流れイメージ

1:02:40 50代がつみたてNISAを使うときのポイント

1:04:37 商品は低リスクなものがいい 債券が不安なら現金を使う

1:06:28 50代以降は投資で増やすより現実的な方法を検討していく

バラ🌹祭り

先日憧れの薔薇祭りへ行って来ました!
ちょうど見頃で多くのバラが満開でした。f:id:moyo98850104:20210612104338j:plain

多くの人が訪れていてf:id:moyo98850104:20210612131711j:plainバラの写真と撮ったり眺めたり、香りを確認したり、とても楽しんでいたようです。
f:id:moyo98850104:20210612104721j:plain

なぜ人はこんなにバラに惹かれるのでしょうか。トゲもあるのに。やはり圧倒的な美しさに魅了されるのでしょうね。
f:id:moyo98850104:20210612105050j:plain

星の王さまでもバラはかなりわがままな存在でしたが守ってあげたい存在でした。

f:id:moyo98850104:20210612122912j:plain

f:id:moyo98850104:20210612123221j:plain

f:id:moyo98850104:20210612132307j:plain

組織における幸せなコミュニケーション

コミュニケーションは組織の中で過ごすためにとても重要なこと。

でもそれをどうすれば皆が心地よい状態へ持っていけるかまでなかなか考えが及ばないです。先ほどのモーニングプラスFTで紹介していた「FINEなコミュニケーションを成す4つの特性」についてなるほど、と思いましたので紹介します。

F : Flat       人と人とのフラットなつながり

I  : Improvaised コミュニケーションが頻度よく発生

N : Non-verbal 非言語コミュニケーション、声の抑揚、表情、身振り

E : Equal      平等な発言権

皆が意識するだけで組織風土が変わりそうですね。

image.itmedia.co.jp